第24自主公演 (テーマ「はじまり」) の感想

とても刺激的な公演でした。聴くということを改めて考えました。結構先走って聴いていることが多いなと。気持ちに音楽がついてよりグッと迫るものがありました。あなたのストーリーを大事にするということが伝わりました。

皆さんの心の声・思いをその場で演出することにより、その人自身の思いがより伝わってきたように感じました。素直に表現することはとても難しいことですが、私も私の言葉で伝えていきたいと思いました。そして人それぞれ人生があるんだなー、私も頑張ろうと思いました。

みなさんが勇気をもってご自身の話をされることに、逆にこちらが勇気づけられます。
ひとつひとつのストーリーの内容が異なっていても、この1時間で全てがつながったような、まるでひとつの流れがあったように感じました。他の方の体験を観て聴くことによって、体験した方と似たような気持ちを感じたり、思い出したりしたからだと思います。
ストーリーを見ていると、何だか自分もこの先頑張っていこう、きっと良いことある、辛いことがあるだろうけれど自分一人じゃないんだ、と前向きになれました。時折、クスッと笑える場面もあり、今回の公演に参加できた嬉しさがあります。
実際に演じていただいて、その最中は身体がずっとゾクゾクしました。そののち、すごくエネルギーのかたまりのような、マグマのようなものが身体の奥底からやってきて、とても熱くなりました。初めて味わう体感でした。全力で共有していただいたんだなぁと、本当に素晴らしい貴重な体験をありがとうございました。プレイバックのすごさを実感しました。
心の中の物語を即興劇として見せていただき、かつ、それをたくさんの”観ているみなさん”に受容してもらう、安心というか、喜びというか…。この喜びの種類は、プレイバックシアター独特のものだなァ、と改めて感じました。


他の感想を読む

トップページに戻る

























inserted by FC2 system